「家賃110番」ホーム>コスト削減のための「家賃・賃料交渉術」

yachin_kousyou_001.jpg

 

yachin_kousyou_002.jpg



コスト削減を考える場合、まず最初に思い浮かべるのは人件費の削減(=リストラ)ではないでしょうか?
しかし、人件費を削減することによる損失は計り知れないものがあります。一時的な効果は望めるかもしれませんが、長期的な視点で見ると決して得策とはいえません。

もうひとつの大きな固定費が家賃・賃料です。
『賃料は下げられないものという固定観念』があるため、賃料の適正化(値下げ)には目を向けられていません。

yachin_kousyou_003.jpg

しかし、家賃・賃料を適正価格に変更することは可能です。
コスト削減を考えた場合、電気、ガス、水道のような「流動的」コストの削減では下がる金額も月々に変化し、安定したコスト削減は望めません。それに比べ固定費である家賃・賃料が下がるということは、毎月の「下がる金額が確定」するということです。
賃料という大きなコストダウンにより、原資を創出し、『戦略的な経営』を実施することが可能になります。


yachin_kousyou_004.jpg

下記は、家賃・賃料を適正価格に変更するためのアドバイスです。参考にしてください。
大切なことは、賃料のついての知識を得ること、行動を起こす勇気を持つことです。