減額交渉を行う上で必要となる書類の収集や交渉を行う目的などを考えていきます。
知識のないまま、減額交渉に入るのは危険です。
行き当たりばったりで交渉するのは、家主様にも大変失礼です。最低限必要と思われる知識を身につけてからでも遅くはありません。
事前準備がしっかりとできていれば、自信をもって交渉にあたることができ、家主様に
「賃料減額を真剣に考えている」ことを伝えることにも繋がります。

賃料の適正化に取り組む前に、まずは間違った固定観念を払拭することから始めましょう。

yachin_jyunnbi_002.jpg



yachin_jyunnbi_003.jpg
 
yachin_jyunnbi_004.jpg

「賃料の値下げはできない」という固定観念がある。

「貸してやっている」「世話になっている」という意識がある。

yachin_jyunnbi_005.jpg

賃料の値下げはみっともない、恥ずかしいというへんなプライドが邪魔している。

yachin_jyunnbi_006.jpg

家主に「出て行け!」といわれたらどうしようという思いがある。

yachin_jyunnbi_007.jpg

不動産価格の上昇、低下や経済事情の変動によって賃料も増減することを知らない。

賃料値下げ業務の担当者、専門家がいない。

借地借家法を理解していない。



上記のような理由に縛られていると、積極的に行動を起こす気になれません。
まずはそれらを払拭するために、賃料のついての知識を得ること、行動を起こす勇気を持つことが大切になってきます。


yachin_jyunnbi_008.jpg

yachin_jyunnbi_009.jpg yachin_mark_002.jpg 交渉に必要な資料とは?
減額請求は謄本、公示価格などの資料をもとに、きっちりとした分析と調査が必要です。
yachin_jyunnbi_010.jpg yachin_mark_002.jpg 交渉の目的と効果
なぜ、賃料の減額請求をするのか?を真剣に考えることが効果をあげる第一歩です。
       
yachin_jyunnbi_011.jpg yachin_mark_002.jpg 交渉の共通認識をもつ
経営陣の共通認識と意思統一が賃料適正化の成果を大きく左右します。
yachin_jyunnbi_012.jpg yachin_mark_002.jpg 減額請求額の求め方
賃貸物件の価格や経済事情の変動から求める方法が一般的です。