準備編では、交渉の事前準備として必要な資料を集め、賃料交渉の目的をしっかりと定めました。
 
ここからは、それらをもとに減額交渉に入っていきます。
交渉というと堅苦しく思うかもしれませんが、実際には「家主に話を聞いてもらう」ことなのです。

家主との交渉は、
yachin_jissenn_002.jpg

 

yachin_jissenn_003.jpg

 

● 穏やかに

● お願いする姿勢で

● 相手の意見に反論せず

● きちんとした説明をする態度
で行ってください。
交渉の結果、値下げしてもらえたら、その分を何に使うのかを明確に相手に伝えてください。
経費削減方法として賃料のコストダウンが注目されています。賃料の減額により、大きなコスト削減効果が得られます。確実なコストダウンにより原資を創出し、『戦略的な経営』を実施することが可能になります。


yachin_jissenn_004.jpg

yachin_jissenn_006.jpg
yachin_mark_002.jpg 減額交渉の時期
賃料減額交渉には、素早い取り組みで機会損失を防ぐことが必要です。
yachin_jissenn_005.jpg
yachin_mark_002.jpg 減額交渉の進め方
100%確実な方法は存在しませんが、貸主側が分かりやすい資料を準備することがカギとなります。
 

yachin_mark_001.jpg このページの先頭へ